PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あれから。。。

※日時指定で投稿しています


3月11日。
改めて亡くなられた方々に哀悼の意を表します。

あの震災からもう1年も経つんですね。
両親や親戚、友達の無事をただひたすら願い、
眠れぬ夜を過ごした事を昨日の事のように憶えています。
食事も満足に喉を通らず、TVから流れる馴染みの町の
変わり果てた映像を見ては涙を流す日々・・・。
もう二度とあんな思いはしたくない。

先日帰省した際、幼い頃によく遊んだ海に行ってみました。
昨年帰省した時は怖くて行けなかったんだけど、
1年経ってなんとなく自分のけじめとして見ておこうと思って。。。

R0010710.jpg

あちらこちらに津波の傷跡は残されたままだったけど、
キラキラ光る水面は昔から知っている春の海そのもの。
あの日この海が大津波へと姿を変え、町を飲み込むなんて誰も想像していなかった。
大切な人にお別れも告げられずこの世を去ってしまった人達の事を思うと
今でも胸が苦しくなります。

幸いにもワタシの大切な人達は今日もこの町で生きているし、
先日他界した祖母は本人の願い通り自宅で穏やかな最期を迎えられた。
あたりまえの日常が、実はとても幸せな事。
遠くにいても生きていると思うだけで心が満たされる。。。
お互いを必要とし、支えあって生きている事を強く感じた1年だったと思う。

復興への道筋は未だ見えず、原発問題も一向に進展しない状況の被災地。
コンビニや本屋には震災関連の本がいくつも並んでいるのに対し、
ここ札幌では、今ではほとんど見かけることもなく・・・。
“これが温度差なんだろうな”そう思うと虚しさで胸がいっぱいになります。

復興にはこれから先、何年・何十年もの時間が掛かるでしょう。
放射能を危惧する気持ちも痛いほどよくわかります。
愛する者を守りたいという気持ちは当然の事だと思うし、
その為に何を選択しようと自由だということも十分に承知しているつもり。
でも、その陰で苦しんでいる人が沢山いる事実を忘れちゃいけないと思う。
そして、震災や原発事故は決して他人事ではないということも・・・。

ワタシ自身も今のこの気持ちを忘れることなく、
これからも自分に出来ることを探し続けていこう。。。







***  ご訪問ありがとう  ***
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
↑足跡代わりにクリックして頂けたらウレシイです

| つぶやき | 14:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

tomochiさん、遅ればせながら、おばあさまのこと大変でしたね…
どうぞ安らかに…私もご冥福を心からお祈り申し上げます。
お父様とお母様も、今までがんばってきた分
これから自分の時間を楽しんでくださるといいですね。

…一年が経ちましたね。
tomochiさんとのおつきあいももうすぐ一年なんですね。
この大変な一年という時間、tomochiさんと気持ちを共有することでどんなに心強かったことか。。。辛く忘れられない出来事でしたが、tomochiさんとその時間を過ごせてずいぶんと前向きにがんばれた気がします。本当にありがとうございます!!

一年という節目にテレビでもずいぶん特集が組まれ現地からの中継もありました。その姿を見るにつけ、思った以上に一年前と変わっていない場所の多さに改めて衝撃を受けました。まだ見つからない家族を捜す人、一年経ってやっとお葬式を出した人…被災した多くの人たちが、まだ震災の最中にいるのだと思いました。
本当に復興にはこれからまだまだ長い時間がかかるでしょうね。私もずっと心を寄り添わせて、できることを続けていきます。
tomochiさんとまたこれからもこうして気持ちを分かち合いながら、前を向いて進んで行けるといいな…+* どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

海…春めいてきた光を受けてきらきらしていますね。
またここにたくさんの人たちが遊びにきてや楽しそうな笑い声が響きますように。

(長文コメントごめんなさい!!)

| f.l.clover | 2012/03/12 22:03 | URL | ≫ EDIT

そうだね。
温度差ってあるなぁって思う。
西に住んでいる親戚とは震災の会話は若干のずれがある。。。
でもこれはしょうがない。
1年前のあの日。
あの日に戻れたら、地震の前に戻れたらって何回も考えてしまった1年間でした。
被災地に思いを募らせる一方で、私は今はしばらくあの時の映像は見たくない。
十分見てしまったから。
あんな思いはもうしたくない。
だけど震災のことは忘れられないし、忘れずに立ち直っていかなくっちゃって思っています。
でも自分にできることが小さすぎて凹む日々です。
私が暗くなってどーすんだーって怒られそうなんですけどね。。。
復興の二文字が今はまだ遠いけど、少しずつでも近づいている。
そう信じて頑張ろう!

| Ururu | 2012/03/13 18:50 | URL |

>f.l.cloverサン

あの日からあっという間の1年でしたね。

f.l.cloverサンとの出会いからも間もなく1年。
心が張り裂けそうな毎日を送っていたあの時、
f.l.cloverサンから頂いたコメントが
ワタシにとってどれだけ支えになったことか。。。
こちらこそ、その節は本当にありがとうございました♪

f.l.cloverサンのおっしゃる通り、復興にはまだまだ
相当の時間が掛かるでしょう。
でも、失った町を全く同じように甦らせる事は出来ないけれど、
今まで以上に笑顔が溢れる町に生まれ変わる為のお手伝いを
自分にできる範囲で続けていけたら、と思っています。

こちらこそ、離れていても心はいつもf.l.cloverサンと一緒♪
これからも同じ気持ちを共有させてくださいね。
今後ともどうぞヨロシクお願いします^^


| tomochi | 2012/03/13 22:46 | URL | ≫ EDIT

>Ururuサン

Ururuサンも温度差を感じますか・・・。
やっぱり実際に経験したり、被災後の様子を自分の目で
見てみない限り、被災地の現状って伝わりきらないもの
なのかもしれないですね。

震災前に戻れたらどんなに幸せだろう・・・。
ワタシも何度となく考えました。
でも、震災で得た教訓を胸に自分に出来ることを少しずつでも
続けていくことが大切ですよね。
そして何より出来ることの大小なんて関係なく、忘れないでいる事が
最大の支援だと思います。

まだまだ長い道のり。。。
お互いあせらずゆっくりいきましょうね^^

| tomochi | 2012/03/13 23:10 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://colorful080708.blog109.fc2.com/tb.php/457-9bec0136

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。