PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今の私にできること。。。

震災から今日で4日。
犠牲になられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします・・・。

ワタシの地元は今だ固定電話、携帯、水道、電気などは使えない状況ですが
車で15分ほどの親戚宅では昨日からライフラインが復旧したようで
そこで携帯電話の充電をさせてもらったり、お水を分けてもらっているとのこと。

被災の影響が少なかった親戚は危険な道をいつもの倍以上の時間をかけて
我が家に食糧を届けにきてくれたり、皆で助け合いながらこの苦境を
乗り越えようとしているそうです。

電話をすれば私に心配させまいと、決まって
「みんな大丈夫、心配するな!」
としか言わない父と母。

その言葉を聞くたびに、そばにいて助けてあげられないもどかしさを感じます。
“こんな大変な時に高齢の両親のそばにいて助けてあげられない・・・。
なんて私は親不孝なんだろう・・・”
と自責の念に駆られたりもしました。

でも、この地震が3年早く起こっていたら私は確実にあの津波に巻き込まれていたに違いないんです。
なぜなら私が勤めていた職場が仙台で最も津波の被害が大きかった若林区荒浜にほど近く、
あの辺りを通勤路にしていたから。
元同僚に聞いたところ、震災のあった日は地震直後に社員皆帰宅を言い渡されたとのことで
現に今だに安否のわからない同僚がいるとのこと・・・。

それを考えると私が今、北海道で元気に過ごしていることが何より両親達に安心を
与えているんじゃないか、とようやく思えるようになったんです。

余震・原発の影響・・・不安材料はまだまだ拭いきれません。
安否のわからない友人も多数います。

そんな中。今日、安否不明だった友達の一人から連絡がありました。
妊娠6ヶ月だった彼女は自宅アパートが浸水し、冷たい水に腰まで浸かりながら
避難所までたどり着きましたが、ほどなくそこも浸水。
なんとか自衛隊に救助され、今は3つ目の避難場所で生活しているとのこと。
幸いお腹の子の胎動はしっかり感じているそうです。

壊滅状態である仙台空港近くの介護施設で働いていた友人の無事も確認できました。

このように私の周りでも現実に奇跡は起きているんです。
そして、悲惨なテレビ映像の裏で被災地の方々は今を生きようと必死で頑張っています。

私ばかりが下を向いていられない。
今の私が協力できることは・・・
募金、節電、献血etc・・・
ファンヒーターにも極力頼らずモコモコの厚着で過ごしてます。
そして元気に働くこと。
元気に働いて、お給料をもらってそれで少しでも両親に援助したい。
自己満足かもしれないけど、そんな形でしか支えてあげられないから。。。

ブログのコメントを通じて私に力をわけてくれた皆さん、
本当にありがとう。
こうして上を向いて立ち上がることができました。

しかしながら。
しばらくの間は楽しい記事が書けそうにありません。
なのでまことに勝手ながらブログ更新をお休みすることにしました。

必ず元気満タンな状態で戻ってきますから少しばかりお時間くださいね。


追伸


もし、ワタシと同じように被災した故郷に心を痛め、
苦しい思いを抱えている方がいたら遠慮なくここに気持ちを
吐き出してもらってかまいません。

一緒に遠くから故郷にエールを送りましょう。。。


DSC_2076_20110315194409.jpg

被災した街に一日も早く穏やかな春が訪れますように。。。



***  ご訪問ありがとう  ***
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
↑足跡代わりにクリックして頂けたらウレシイです

| つぶやき | 19:56 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/03/16 08:06 | |

tomochi様

お辛いですね。
心中お察しします。
私の姉も福島です。今、してあげたいこと、沢山ありますね。
最初、自分の親戚がいない姉に、「帰ってきて」というつもりでした。
でも、姉は、夫さんの親戚や知り合った人々と頑張っていて、札幌に帰ってくる様子はまるでありません。
どうやら、私に何か出来る術はないようです。
私も、
tomochiさんと一緒にエールを、そして、おっきなラブ注入おくります。
きっと、いつか、沢山の笑いがあふれる日本に。


| いいちゃん | 2011/03/16 09:06 | URL | ≫ EDIT

tomochiさん。

ココには何度か来ていたのですが、
何と言ったらいいのか分からず、
コメントせずに帰っていました。

テレビを見ているだけで
溢れてきてしまう。

私はただただこれ以上
被害が大きくならない様
祈るだけしか出来ません。

tomochiさんの笑顔が
早く戻って来ます様に・・・

被災地が1日も早く
復旧出来る事を
ココロからお祈りしています。



| yu-ji | 2011/03/16 23:35 | URL | ≫ EDIT

3/16の鍵コメさま

励ましの言葉、ありがとう。
職場で鍵コメさんからのコメントを読んでいたちょうどその時、
ラジオからドリカムの「何度でも」が流れてきて。。。
トイレに駆け込んでボロボロと泣いてしまいました。

鍵コメさんのお住まいの地域も余震が続いている上、
計画停電が実施されたりと日常に支障をきたしているにも
関わらず、力強い励ましを頂いて本当に感謝しています♪

日本中のその道のエキスパート達が不眠不休で自分の命も顧みず
復旧作業にあたっている。。。
この方々の努力が実を結び、また平和な世の中が戻ってくることを
切に願ってます。

ワタシも被災地を思いやる気持ちを忘れずに日々の生活をしっかりと
送っていこうと思います。

お互い頑張りましょうね。

| tomochi | 2011/03/18 21:47 | URL |

>いいちゃんサン

お姉さんは福島で被災されたんですね。
何よりご無事でよかったです。

おねえさんが被災地で奮闘している様子を聞き、
元気がでました。
原発や余震などまだまだ不安はありますが
復興に向けて小さな一歩を踏み出している方達に
恥ずかしくないようワタシも頑張らないとですね。

ワタシもいいっちゃんサンと一緒におっきなラブ注入を
送りますw

| tomochi | 2011/03/18 21:56 | URL | ≫ EDIT

>yu-jiサン

ご心配おかけしてすいません。

実家も徐々にではありますがライフラインが
復旧しつつあり、安堵しています。
しかし避難所は家を失った人々で溢れているそう・・・。

でもいつまでも下ばかり向いていられませんよね。
まだお腹の底から笑うことは出来ないけれど、
ワタシは今元気をチャージしていますから
安心してくださいね♪

yu-jiサンにまたお会いできるのを楽しみにしています。

| tomochi | 2011/03/18 22:51 | URL | ≫ EDIT

tomochiさん

アクセス解析からたどりついて
tomochiさんの記事、そして追伸の言葉とつくしの写真に
とても慰められて涙が溢れました。
奇しくも私も昨日つくしの写真をアップした所でした。
素敵なメッセージと写真。。。ありがとうございます。。。
私も微力ながら、一生懸命、ゆかりの土地にエールを送ります。
ここに同じ気持ちの仲間がまたひとり見つかったような気がして心強くて、
追伸のお言葉に甘えてコメントしました。
また伺わせていただきます。
tomochiさんもどうかくれぐれもお体ご自愛の上、
元気をたくさんチャージしてくださいね。
ブログ再開を楽しみにしております。

| f.l.clover | 2011/03/19 14:16 | URL | ≫ EDIT

>f.l.cloverさん

こちらこそコメント頂きありがとうございます。
ワタシの方こそ f.l.clover さんからの温かい言葉に
力を貰いました。

今のワタシ達に出来ることは本当に微力ですが、
それぞれの小さな力が大きな力となって被災地に
届くことを心から願っています。

まだまだ心配事は尽きませんが、今は遠くから
頑張れる力を送り続けようと思ってます。
f.l.clover さんの気持ちもきっときっと届くはず。
一緒に気持ちを届けましょう。。。

少しの間お休みを頂きますが、是非またいらしてください。
次に更新する時は元気いっぱいの写真でお出迎えしますね^^

| tomochi | 2011/03/19 21:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://colorful080708.blog109.fc2.com/tb.php/333-0fc88715

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。